Facebookシェア
Twitterシェア
LINEシェア

WORK仕事内容

ドコモショップでの
販売・接客業務
携帯販売のお仕事は、単なるご案内のお仕事ではありません。
お客様に寄り添い、お客様が本当に欲しいもの、
喜ばれるものは何かを汲み取り、ご提案することが大切です。

お客様と信頼関係を築き、ライフスタイルに合わせたご提案を行います。

ドコモショップ接客イメージ
ドコモショップでの販売・接客のお仕事の基本は、ご来店になったお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりのライフスタイルに合わせたサービスやプラン、機種のご提案をすることです。もちろん、お客様によってご要望は様々ですので、お客様に寄り添い、親身になって考えることが必要になります。 また、常に進化していく携帯電話という商品を扱うため、最新機種や、新しいサービスの仕組みや金額といった幅広い知識を吸収していくことも大切です。 ただ、知識やスキルは頼りになる先輩と一緒に、現場で磨いていけるものなので、安心してくださいね!

ある1日のスケジュール

ドコモショップスケジュール1
9:00am
出勤・朝礼
朝礼前に開店準備。朝礼では各担当者が中心となり、取組みや目標などをメンバー全員で共有します。
ドコモショップスケジュール2
12:00pm
昼休憩
交代で昼休憩。複数人が同時に休憩室を利用する時は、仕事やプライベートの会話に花が咲きます。
ドコモショップスケジュール3
15:00pm
POP作成
空いた時間帯を利用して、機種やサービスのPOPを作成。お客様の目に留まる、分かりやすさを心がけます。
ドコモショップスケジュール4
17:00pm
お客様対応
仕事帰りのお客様をお待たせしないため、連携を取り素早く正確なご案内に努めます。笑顔も忘れずに!
ドコモショップスケジュール5
19:00pm
片付け・閉店作業
お客様のお見送り後に、販売数を集計。販売報告から課題を洗い出し、翌日のミーティング材料とします。
ドコモショップ 先輩画像1
南野 宏樹(のうの ひろき)
ドコモショップ長門店 
2014年入社
独自のトーク力を磨いて、接客販売の醍醐味とやりがいUP!
 スマホってまさに小さなパソコンですよね。機械が好きだったことと、昔から人と話すことへの抵抗が少なかったことが入社の決め手でした。
 接客業=お客様と話すこと。そう考えていましたが、実際入社してみると想像とはだいぶ違っていました。笑顔の接客に至るまでには、各機種のスペックと膨大なサービス情報を覚える必要があります。さらに、得意だと思っていたトークも、困りごと解決の糸口のためにはむしろ「聴く力」がポイントで、お客様が話しやすい雰囲気を作る必要がありました。最初は少し戸惑いましたね。
ただ、「機械(携帯)に興味がある」「話すのが得意」という強みはやはり大切で日々の業務に活かされていると思います。入社当初は先輩のお客様に対する言葉づかいや言い回し、きれいな日本語を真似るだけでしたが、それだとどこかぎこちない。自分のスタイルに変換して、落とし込むことができると自信につながりますね。
 自分自身で驚いたのは、自分のトークで契約が決まった時の喜びが大きかったこと。接客するなかでも販売は特に、面白いと感じますね。契約の努力や成果がインセンティブとして還元されるところも魅力です。
 現在、所属している長門店は8名体制で中規模店舗。アットホームで情報共有がしやすく、仕事やプライベートにかかわらず、お互い相談したりされたりと楽しいですよ。
後輩ができてきたので、自分の経験値を後輩にどんどん伝えていきたいですね。有資格者はスタッフの約6%という狭き門ですが「フロントスペシャリスト」を受験します。頼りがいと販売力のある大人な自分になれるよう、さらにブラッシュアップしたいです。
「こういう職場だったら頑張れる!」
そんな気持ちで最初から決めてました。
 将来「人と接する仕事に就きたい」と思っていました。学生の時、当社に近い飲食店でアルバイトをしたことでショップに足を運ぶ機会があり、笑顔と親しみやすい接客が印象的で「将来、ここで働きたい」と入社を希望しました。会社はとても風通しがよく、明るく元気。皆で考えた良いことはすぐに実行に移せるところやチームワークの良さ、改善点や悩みを本部の上司や社長に直接相談する機会があり、可能な範囲で実行してくださる。そういう社風が自慢です。
 接客の仕事は、同じ事を繰り返しているようで、お客様によってまるで異なります。心がけているのは、「笑顔」と何事も「ジブンゴト」として考える気持ちを常にもつこと。お客様が、プランやサービス内容にご納得いただき、スッキリした面持ちで店を後にされると「ご満足いただけたかな」と嬉しい気持ちになりますし、名前を覚えて私を訪ねてご来店いただいたり、信頼関係が築けたと感じられた時の感激が格別です。やめられませんね。笑
 現在、入社4年目で新入社員の"指導係"という役割に奮闘しています。指導係は日々の業務をはじめ、自分の知識や経験を人に伝える仕事。とてもやりがいを感じると同時に、アウトプットすることで私自身の不足している点が洗い出されたり、教える途中で不安な箇所を見直したりと、接客にもつながる貴重な経験です。将来は、憧れの先輩が歩んだように、「チーフ」の役職を目指したい。そのために、「グランマイスター資格」を受験すべく準備を始めたところですが、まずは、日々、任された以上の仕事や接客で応えられるスタッフになりたいというのが直近の目標です。
ドコモショップ 先輩画像2
森岡 智美(もりおか ともみ)
ドコモショップあじす店 
2014年入社
ドコモショップ 先輩画像3
山下 哲矢(やました てつや)
ドコモショップ山口店 
2015年入社
自衛官・警察官を目指した僕が、接客業へ方向転換。
 中学・高校時代はスポーツに明け暮れ、将来は警察官か自衛官になりたいと思っていました。スポーツの負傷が原因でその道を諦めざるを得なくなり、正直何も考えられず失望感もありました。職種が制限される中での就職活動は難しくもありました。でも、子どもの頃から慣れ親しんだドコモの携帯電話が、自分自身の生活にとって欠かせないアイテムのひとつだと考えた理由から、ドコモショップを運営する山口テレコムへの入社を決意しました。
 お客様との応対で一番好きな瞬間は、中学生やご年配の方が初めて、スマホやタブレットなどの最新機種を手にしたときのワクワク感やキラキラした表情を目にした時。こちらにまでワクワクが伝わってくる感じは、何度目にしても一緒に嬉しくなります。
 ドコモショップで接客と同様に大切な仕事のひとつが、店内POP作成やデモ機の初期設定といった裏方の作業。直接お客様には伝わらないけれど、見やすさの工夫やできるだけ購入後と同じ状態で触れて、体験していただけるよう準備することに充実感を覚えます。
仕事は、言われたことをそのままこなすだけでなく、意志や自己主張も持ちながらより良いものへ昇華させることがとても大事だと思います。自己主張には責任が伴いますが、自ら「コト起こし」をすることで、良い方向への取り組みがされていくことを実感しています。
 現在、3年目になり店長やチーフの補佐をすることで良い経験を積めています。目標は、入社当時から仕事を教えてもらい、尊敬する仲野店長のように、販売はもちろん、お客様からのご指摘に対する受け応えなど引き出しを増やすこと。いつか自分も同じように後輩に頼られるような存在になりたいと思います。
お客様の「ありがとう」が元気の源。
毎日笑顔で頑張れます!
 地元で接客・サービス業での就職を目指していたこともあり、迷わず当社を選びました。1社だけを受けるつもりでしたので試験では「笑顔」と「ハキハキ喋る」ことを意識して、先生を相手に、夏休みを含め3~4か月間を面接練習に費やしました。
 練習量は誰にも負けない自信があったので、緊張が少なく試験を受けることができましたね。私はとても話すことが好き。手続きの途中に、お客様との話が弾むこともあり、とても楽しいです。会社は雰囲気がよく先輩方も優しいので、お客様へもスタッフ同士でも笑顔で楽しく毎日を過ごしています。時々店舗全員で懇親会や食事にいくことがありますが、みんなが楽しみにしていて休みのスタッフも途中で合流する時など、普段の仕事と同じようにチームワークの良さを感じます。
 社長が店舗へ輪店してくださることも多く、距離が近いと感じます。以前、お言葉と共にペンをいただことがありますが、それがとてもうれしく印象的な出来事として心に残っています。
 現在の店舗は、約13名が在籍していて山口テレコムの中でも大所帯。先輩が多いので学ぶチャンスがたくさんあります。中でも、藤本副店長はお客様が直接訪ねてこられることも多く、接客や販売の面において尊敬していて目指す先輩のひとりです。忘れられない教えのひとつに「ご指摘はチャンス!」という言葉があります。お客様からの耳が痛い言葉も、期待の裏返しだと信じて、次の失敗が無いように不足していた部分を補い、次に活かすよう心がけています。お客様が喜んでいただける接客と知識を蓄えたい、将来はチーフを目指したいという気持ちがあり、7月にグランマイスターを受験予定。現在は筆記試験を中心に猛勉強中です。
ドコモショップ 先輩画像4
金子 夏奈(かねこ かな)
ドコモショップ萩店 
2014年入社
ページトップへ
← 山口テレコム企業ページへ